元銀行員の弁護士による企業金融 事業再生 コンサルティング

トップページ > Q&A事業再生・倒産編

Q&A 金融機関取引の基本

事業再生・倒産編

Q1

 会社分割で優良事業を切り離して事業再生をしたいのですが、どのような手続きが必要でしょうか。

Q2

 Q1の会社分割において注意すべきことは何でしょうか。

Q3

 事業譲渡で優良事業を切り離して事業再生をしたいのですが、どのような手続きが必要でしょうか。

Q4

 私的整理による事業再生のため100%減資をしたいのですが、どのような手続が必要でしょうか。

Q5

 私的整理ガイドラインによる事業再生を検討しておりますが、どのようなものでしょうか。

Q6

 個人版私的整理ガイドラインによる事業再生を検討しておりますが、どのようなものでしょうか。

Q7

 厚生年金基金の解散に伴う積立不足の穴埋めのため母体企業である当社においても巨額の損失を計上することとなり、財務内容が大幅に悪化します。納付金の資金手当も課題です。金融機関との取引にどのような影響がありますでしょうか。

Q8

 厚生年金基金から任意に脱退したいのですが可能でしょうか。脱退に伴う特別掛金の負担による巨額の損失計上と資金手当も課題です。金融機関との取引にどのような影響がありますでしょうか。

Q9

 デットエクイティスワップ(DES)による事業再生は、どのような手続きが必要でしょうか。

Q10

 民事再生による事業再生は、どのような手続きが必要でしょうか。

Q11

 民事再生を申し立てると、金融機関に設定した抵当権はどうなるのでしょうか。実行されるのでしょうか。

Q12

 民事再生手続中に事業譲渡をすることは可能でしょうか。

Q13

 新スポンサーに優先株を発行して資本増強をしたいのですが、どのような手続が必要でしょうか。